マイクロ加工研究会 TOP
トピックス Topics 概要 Outline 懇親会・シンポジウム Symposium テーマ Theme 国際交流 Internatioal exchange 技術資料集 Materials リンク集 Links お問い合わせ Inquiry

オープンシンポジウム OPEN SYMPOSIUM
<第3回/VOL. 3>
「マイクロファブリケーション研究の最新動向」
〜端面加工、穴加工、三次元加工:微細構造の極限ファブリケーション〜

"Advances in Micro-Fabrication Techniques and
Research Activities by
End-face Micro-machining, Hole Micro-machining, and 3D Micro-
machining: Ultimate Fabrication of Micro-structural Components"

Tuesday, October 20, 1998, 13:00 to 17:00
Suzuki-umetaro Hall, Wako campus, The Institute of Physical and
Chemical Research (RIKEN)


〜 プ ロ グ ラ ム 内 容 〜
P r o g r a m


総合司会 : 大森 整氏 (理研),伊藤伸英氏 (茨城大・工)
Chairman: Dr.H.Ohmori (RIKEN), Co-Chairman: Mr.N.Itoh (Ibaraki Univ.)

講 演 題 目 講 師
Title/Subject Presenter
13:00〜13:20
1. 挨拶、開会の主旨、新研究活動の紹介 (マイクロメカニカルファブリケーションの最新研究方針、およびマイクロ加工技術交流会設立と活動について)
牧野内 昭武、大森 整 (理研)
Opening Remarks, and Addressing Comments on the New R&D Activities for Micro-mechanical Fabrication Technology through Foundation of Specific Consortium
Dr.A.Makinouchi, Dr.H.Ohmori (RIKEN)
13:20〜14:00
2. マイクロファブリケーションスライシングによる三次元生物内部構造観察装置の開発
樋口俊郎氏 (東大・大学院工学系)
Development of Biological Observation Instrument of 3D Internal Structure by Micro-fabrication Slicing
Dr.T.Higuchi (Univ.Tokyo)
14:00〜14:45
3. 三次元マイクロ旋削加工による非対称構造物のマイクロファブリケーション
岡崎祐一氏 (機械技研)
Micro-fabrication of Asymmetric Structural Components by 3D Micro-turning Method
Dr.Y.Okazaki (MEL)
14:45〜15:00 休憩
Rest, 14:45〜15:00
15:00〜15:30
4. マイクロELID研削による超硬材質ピンポイント (圧子) のマイクロファブリケーション
銭 軍氏 (理研、南京航空航天大学)
Micro-Fabrication of Ultrahard Material Pin-points by Micro-ELID Grinding
Dr.J.Qian (RIKEN, NUAA)
15:30〜16:10
5. マイクロ放電ツルーイングによる小径メタルボンド砥石の成形および硬質材料のマイクロ穴加工
張 春河氏 (理研、天津大学)
Micro-ED Truing of Small Metal-bond Grinding Tool and Micro-hole Machining
Dr.C.Zhang (RIKEN, Tianjin Univ.)
16:10〜16:50
6. 4軸ベース超精密加工機によるマイクロファブリケーションシステムの構築について
山形 豊氏 (理研)
Establishment of Micro-fabrication System using 4-axis based Ultraprecision Machine
Dr.Y.Yamagata (RIKEN)
16:50〜17:00
7. 総括、活動の抱負および次回予定・閉会の挨拶 山形 豊、大森 整 (理研)
Discussions, Directory to the 4th Symposium, and Closing Remarks
Dr.Y.Yamagata, Dr.H.Ohmori (RIKEN)



VOL. 1,  VOL. 2,  VOL. 3,  VOL. 4,  VOL. 5, 
VOL. 6,  VOL. 7,  (VOL. 2),  VOL. 8,  VOL. 9, 
(VOL. 3),  VOL. 10,  VOL. 11,  (VOL. 4),  VOL. 12, 
VOL. 13,  VOL. 14,  VOL. 15,  (VOL. 5),  VOL. 16, 
VOL. 17,  VOL. 18,  (VOL. 6),  VOL. 19,  VOL. 20, 
(VOL. 7),  VOL. 21,  (VOL. 8),  VOL. 22,  VOL. 23, 
VOL. 24,  (1st),  (VOL. 9),       


copyright